歯が汚れやすい(着色しやすい)食べ物って?

歯が汚れやすい食べ物・飲み物って?

歯が汚れやすい食べ物・飲み物って?

歯に着色しやすい食べ物や飲み物は、主にポリフェノール、カテキン、タンニン、硫黄などが多く含まれる食品であると言えます。

 

1.カレーライス
言わずもがな、服についても落ちにくいですよね。

 

2.ブルーベリー
目にはいいとされているブルーベリーですが、ポリフェノールが含まれているため歯にはよくないんですね。

 

3.コーヒー
沈着汚れの代名詞といっても過言ではないのが、コーヒー。
コーヒーには、クロロゲン酸という成分が含まれていて、このクロロゲン酸が歯に付着することで、歯が黒ずむんですね。
また、コーヒーを飲みながら煙草を吸っている人が多いですが、クロロゲン酸がより歯に付着しやすくなるのに加えて、タールも付着する最悪の組み合わせと言えますので、歯のケアには注意してくださいね。

 

4.チョコレート
チョコレートおいしいですよね。ついつい小腹がすいたときに私も食べちゃいます。
チョコレートには、ポリフェノールがたくさん入っているので、これも歯にはよくありません。しかし、食べ過ぎなければ問題ないので、過敏になりすぎる必要はありません。

 

5.緑黄色野菜
意外や意外!
実は、緑黄色野菜も歯の沈着汚れを引き起こす原因になってしまうんです。
トマト、ホウレンソウ、パプリカどれも色鮮やかな野菜ですよね。こういった色鮮やかな野菜は体にはいいと言われていても、実は歯にはあまりよくないんですね。また、ポリフェノールも豊富に含まれていることも一つの要因です。

 

 

以上、歯に沈着しやすい食べ物、飲み物をご紹介させて頂きました。
注意して頂きたいのは、決してこれら『食べてはダメ』と言っているわけではありません。気を付けてもらいたいのは、食べ終わったあとそのままにしてしまう事です。そうすると、歯の沈着汚れ、ひいてはエナメル層が溶けてしまう事につながってしまうんですよ。

 

『食べたら歯磨き』を徹底しましょう♪

 

あわせて読みたい記事

⇒歯が黄ばむ原因って?
⇒たった1か月!ちゅらトゥースホワイトニングのリアルな口コミ