歯が黄ばむ原因って?

歯が黄ばんでしまう原因って?

歯が黄ばんでしまう原因って?

 

 

 

 

歯が黄ばむ理由を知るためには、まずは歯の構造を知る必要があります。

 

そこで、簡単に歯の構造を見ていきましょう。

 

歯は、大まかに説明すると表面に見えている「エナメル質」でできた層と、

 

その内側の「象牙質」でできた少し柔らかい層の二重構造でできています。

 

このエナメル質の層は、生まれつき、あるいは摩耗によって、厚みが人それぞれ違う半透明の層です。

 

一方で、象牙質は、白色の人もいれば、乳白色、黄色みがかっている人もいる層なんです。

 

つまり、歯が白い人ほどエナメル層が厚く、象牙質が白いんです。

 

ただ、もともと歯が白かったのに、
だんだんと黄色くなってきたという人もいるかと思います。

 

この原因は主に2つに分けられます。

 

1.たばこや食べ物、飲み物による黄ばみ

これは、想像しやすいかと思いますが、たばこを吸っている人や、コーヒーが好きな人の歯は黄ばんでいたり、黒ずんでいたりしますよね。これは、エナメル質の表面にタールやポリフェノール等の汚れが付着することが要因です。

 

2.加齢によるエナメル層の摩耗

年齢を重ねると誰でもエナメル層が薄く摩耗してきます。これは、単に年齢を重ねてもろくなるというだけではなく、固い歯ブラシを使ってゴシゴシと長年磨くことも要因となります。
エナメル層が薄くなると、象牙質が透けて見えやすくなりますよね。このことが、年齢を重ねると歯が黄ばんで見えてくる原因なんです。

 

 

歯を白く保つためには

歯を白く保つためには、エナメル層の厚さを保ちつつ、表面の汚れを落としていくことが必要です。

 

ただ単に表面の汚れを落とすだけではダメ!

 

ホワイトニング用の歯磨き粉の中には、研磨剤が使用されているものが多く、このような歯磨き粉を使い続けてしまうと、どんどんとエナメル層を薄くしてしまい、よけい歯が黄ばむ原因にもなってしまうんです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、研磨剤ではなく、歯のための漂白剤を使うことで、削って汚れを落とすのではなく。

 

汚れを分解、浮かせて落とすのでエナメル層が薄くなる心配がありません。
そんなところも、私がちゅらトゥースホワイトニングを選んだ理由の一つでもあります。

 

 

あわせて読みたい記事

⇒歯が汚れやすい食べ物・飲み物
⇒たった1か月!ちゅらトゥースホワイトニングのリアルな口コミ