審美歯科とは?

審美歯科(cosmetic dentistry)とは、美に主眼を置いた総合的な歯科医療。歯の働きには物を噛み潰すなどの機能面と、審美的な一面があり、いずれも健康に関係するとても大切な要素だと考えることができる。
審美歯科(しんびしか)とは、美しさを重視したトータルな歯科医療のこと。歯の果たす役割には物を噛み潰すなどの機能面と、審美的な一面があり、両方とも健康に関係しているとても大切な要素だと言える。
目の下に大きなたるみができると、男女関わりなく本当の歳よりもずっと年上に見えます。顔の弛みは数あれど、中でも目の下は一番目につくところです。
その上に日々のストレスで、メンタルな部分にも毒は山のように積み重なっていき、体の不具合も引き寄せてしまう。この「心も体も毒まみれ」という意識が、苛まれた現代人をデトックスへと駆り立てる。
足などの下半身は心臓から離れているため、重力によってリンパ液の流動が鈍くなるのが普通だろう。むしろ下半身にみられるむくみは、リンパがちょっと滞留しているという体からのサイン程度に解釈するほうがよい。

運動や入浴で汗をかいて体内の水分量が減ってくると尿の量が減らされて代わりに体温調節に必要な汗用の水分がストックされるため、この余剰分の水分が使用されずにあの浮腫みの原因になっていることは、あまり知られていません。
ほとんどの場合慢性に移るが、正確な加療により病状・症状がコントロールされた状況に保つことができれば、自然に治ることが期待できる疾患なので諦めてはいけない。
夏、屋外で紫外線を浴びたときになるべく肌のダメージを抑える方法を3つご紹介します。1.日焼けした部分を冷やす2.パシャパシャとローションをパッティングしてきちんと潤いを与える3.シミを作らないためにもめくれてきた皮をむいては絶対に駄目
女性に親しまれているピーリングとは、老化してしまった不要な角質を専用化粧品などでピール(peel:皮をはぐの意味)し続けることによって、まだ新しくてすべすべの皮膚(表皮)に入れ替え、新陳代謝を28日周期に近付けようとする合理的な美容法です。
20代、30代になってから出現する難治性の“大人ニキビ”が増加している。10年という長期間このような大人ニキビに四苦八苦している方が皮膚科のクリニックに来る。

ビタミンA誘導体であるトレチノイン酸を用いた治療は、頑固な色素の強いシミを数週間という短期間で薄く見せるのに特に優れている治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・女性に多くみられる肝斑・しつこい吹き出物などに優れた効果があります。
美容整形をおこなう美容外科というのは、正しくは外科学の一種であり、医療に主眼を置いた形成外科学(plastic surgery)とは別のものである。加えて、整形外科学とも間違われがちだがこれとは全く分野の異なるものだ。
皮膚の美白ブームは、1990年代の初めからじわじわと女子高生などに知れ渡ったガングロなど、不自然なまでに酷く日焼けする独特な渋谷系ギャルファッションへの対抗的な精神が含まれている。
足などの下半身は心臓から離れているため、重力の関わりでリンパの流通が鈍くなるのが一般的。というよりも、下半身がむくむのはリンパが少し悪くなっていますよという表れ程度に解釈したほうがよいだろう。
UVを浴びたときにできるだけダメージを抑える方法を3つご紹介します。1.日焼けして赤くなっているところを冷やす2.パシャパシャと化粧水をはたいて潤いを与える3.シミを作らないためにめくれてきた皮をむいては絶対にいけない

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ