白い肌は正義

我が国では、肌色が透き通るように明るく淀んだくすみや濃いシミが見られない素肌を好ましく感じる風習は以前からあって、「色の白いは七難隠す」という諺があるくらいだ。
明治時代の終わり頃、異国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪型、洋風の服装、洋式に使う化粧品・美顔術などを日本に紹介して、これらを言い表す単語のひとつとして、美容がけわいに替わって扱われ始めた。
内臓の健康度を数値で確認できる優秀な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられている機械で、人間の自律神経の状況を調べることで、内臓の問題が把握できるという内容のものです。
メイクアップのデメリット:ランチタイムにはお化粧直ししないといけない。洗顔してすっぴんに戻った時に味わうガッカリ感。メイク用品にかかるお金が結構かさむ。すっぴんだと家から出られないある種の強迫観念。
浮腫みの理由は色々ありますが、気温など気候による影響も関係しているって知っていましたか。気温が上昇し大量の水を飲み、汗をかく、この時期にこそむくみになる因子が隠れているのです。

更に、たるみに深く結びつくのが表情筋。これは色々な表情を生み出す顔に張り巡らされた筋肉のことです。コラーゲンと同じく、この筋肉の機能も年齢にともなって鈍化するのです。
よく耳にするピーリングとは、時間の経ってしまった不要な角質層をピール(peel:剥くの意味)し、新しくてダメージのない表皮に入れ替え、ターンオーバーを促す優れた美容法です。
メイクアップでは傷などを目立たなくする行為にとらわれず、メイクアップを通じて結果的に患者さん自身が自らの外見を認め、社会復帰を果たすこと、またQOL(クオリティーオブライフ)をもっと高めることが目的です。
デトックス法というのは、特別なサプリメントの利用や温泉などで、こんな体の中の有毒な物をできるだけ流そうとするテクニックのひとつの事を指しているのだ。
例を挙げれば…今、パソコンを見つめながら頬杖をついていたりしませんか?この姿勢は手の平からの圧力を最大限に頬に伝えて、皮膚に対して余計な負荷をかけることに繋がるのでお勧めできません。

日本の医学界全体がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)重視の空気に包まれており、市場経済の発達と医療市場の急速な巨大化により、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)は現在一気に注目されはじめた医療分野なのだ。
よく女性誌や美容本には、小顔になって肌がきれいになり、ダイエットにも効くし、デトックス効果、免疫力の増進など、リンパの流れを良くすれば全部OK!などというフレーズが踊っている。
そんな状況でほとんどの医者が採用するのが、美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬も併せて使うと半年前後で元通りに持ってこれたことが多いのである。
更に日々の生活のストレスで、心の中にも毒はどんどん積み重なっていき、同時に身体の不具合も誘発する。この「心も体も毒まみれ」という意識が、人をデトックスへと駆り立てるのだろう。
洗顔料などで隅々まで汚れを洗い流す必要があります。せっけんは皮膚に合ったものを使ってください。皮膚にさえ合っていれば、価格の安い石けんでも大丈夫ですし、固形タイプの石けんでも良いのです。

北国の恵み

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ